自然薬草 woman's complete wellness with natural re ひとりのためにみんなでできること
エルボリストリとは 商品案内 アロマテラピー講座 お悩み別アロマ活用法 パスカルから
お悩み別アロマ活用法
薗川貴子のアロマ実践活用法
HOME
お悩み別アロマ活用法
すっかり秋の陽気になりました。今年は春に雨が多く、夏が短く、変わりやすい天候続きです。この季節、夏休みの疲れもそろそろ出てくる頃かもしれません。今回は、『疲れ』についての対策です。
 

適度な緊張や心地よい疲労は、心身に張りを与えます。しかしパソコンやインターネットが発達し便利になり、昼も夜もなく活動する私たちの日常は、疲労と緊張が長引きがちです。これでは、心身のバランスを崩してしまうことにもなりかねません。昼は活動し、夜はリラックスして体を休める、この人間本来のリズムを取り戻す工夫が必要です。夜のリラックスタイムにアロマテラピーを活用してください。

−吉川千明&エルボリストリ監修『アロマ組み合わせ手帖 』(地球丸)より抜粋−

 

疲労のケアで最もお勧めなのは、『アロマテラピー トリートメント』です。人の手による物理的刺激と香りは、精神的・肉体的疲労の回復に大いに役立ちます。サロンでのトリートメントに加え、自宅でのセルフトリートメントをご紹介します。

キャリアオイル1(スイート アーモンド、マカダミアなど) 24ml.
キャリアオイル2 小麦胚芽オイル 6ml.
バジル精油 2滴
ゼラニウム精油 4滴
ラベンダー精油 3滴
レモン精油 3滴

上記を遮光ビンにいれ撹拌し、適量を手にとり、体の末端から中心にゆっくり伸ばしていくだけで十分です。(妊娠中・可能性のある方はお控えください。また、オイルが残っているお肌には日光が当たらないようにご注意ください。)

その他のケア・おすすめレシピーをご紹介しましょう。

○ルームスプレー

パインの精油(またはユーカリグロブルスの精油) 5滴
ベルガモットの精油(またはオレンジスイートの精油) 8滴
ラベンダーの精油 5滴
無水エタノール 5ml(小さじ1)
精製水 40ml(大さじ22/3)

−『アロマ組み合わせ手帖 』より−

パインにはモノテルペン炭化水素のα-ピネンが約40%含まれており、『森林浴の香り』といわれています。α-ピネンは末梢血管を拡張し血流が良くなり、一時的にはリラックス。そして、体の疲労物質を流して、最終的にはリフレッシュに導いてくれます。森を散策すると気分が良くなり、元気になるのは‘しくみ’があるんですね。ベルガモットの美しい香りは気分を高めるのに、ラベンダーはこころとからだのバランスを取り戻すのに、助けになってくれます。スプレーボトルをバッグにしのばせて、休憩時間に2〜3プッシュ。香りのヴェールに包まれて深呼吸すると疲れも一掃されます。

○薗川貴子のオリジナルレシピー

体内時計が乱れると、なんともいえない疲労感に襲われたり、気分が落ち込んだり、お肌も元気がなくなります。今回は、『芳香浴』でメリハリのある1日を過ごせるようなレシピをご紹介します。電機/キャンドル式拡散器も用います。

朝の目覚め
ローズマリー・ジュニパー 合計5滴まで

ローズマリーのすーっとするカンファー臭は頭をクリアにしてくれますし、どちらの精油にもα-ピネンが含まれていますので森林浴効果が期待できます。
     
夜のおやすみ  

カモミール ローマン・サンダルウッド

合計4滴まで

カモミール ローマンの甘い香りは緊張をほぐしてくれますし、サンダルウッドは呼吸を深くして、神経を鎮めて入眠体制を整えてくれます。

『疲れたかな?』と感じたら、無理をせずゆっくりと過ごしてください。

次は『生理痛』がテーマです。

講師紹介
薗川貴子(そのかわたかこ)

英国IFA認定アロマテラピスト・日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター。企業内研修トレーナーや客室乗務員(シニアキャビンクルー)として採用や乗務員のマネージメントの経験を持つ。現在パスカルコミュニケイションズにてショップスタッフのマナートレーニングを非常勤務にて担当。教える技術には定評があり、個人でもプライベートサロンを開設、顧客のトリートメントに当たっている。
バックナンバー
エルボリストリ
ページトップへ