自然薬草 woman's complete wellness with natural re ひとりのためにみんなでできること
エルボリストリとは 商品案内 アロマテラピー講座 お悩み別アロマ活用法 パスカルから
アロマテラピー講座
アロマテラピー・レッスン
HOME
アロマテラピー・レッスン

皆様こんにちは!毎日暑いですね。
この時期は、スーッとした香りの「ペパーミント」の精油が大人気。
でも、もうちょっと知らない香りも試したいな!というあなたには「バジル」などいかが?
スパイシーですこし甘い香りが、夏のだる〜いココロとカラダをピリッと引き締めてくれるはず。
香りを上手に取り入れて、暑い夏も乗り切りましょう♪

さて、今日は「アロマテラピーの楽しみ方 芳香浴編 その1」です。

一番手軽にアロマテラピーを楽しむには、やっぱり「芳香浴」がおすすめです。
芳香浴とは、精油を拡散し、香りを楽しむことにより、ココロとカラダのバランスを整える方法です。
簡単に言えば、好きな精油の香りを空気中に漂わせて、いい気分になろう!ということ。

芳香浴を楽しむためのグッズには、「アロマキャンドル」「アロマライト」「ディフューザー」など様々な呼び方をされるものがあります。
いずれも精油の香り成分を、キャンドルや電気の熱、空気の力を使って空気中に拡散させるものです。

「アロマキャンドル」は、キャンドルの灯りと精油の香りが、部屋をムーディーに演出してくれます。
静かな音楽をかけてハーブティーを飲んだり、ヨガをしたら、心身ともにリラックスできそうですよね。
火を使うのがちょっと・・・という場合には「アロマライト」がオススメ。
明るさをコントロールできるものや、かわいいデザインのもの、邪魔にならないコンセントタイプのものなど様々な種類があります。

「電気式ディフューザー」は、短時間で広い範囲に精油の香りを拡散できるので、ひろ〜いお部屋に向いています。
他に、素焼きの壷や石に精油を垂らし、香りを自然に拡散させる「ディフューザー」もありますが、たいてい小さいものなので、玄関やトイレなどの小さな空間用として最適なようです。
でも、今日はそんな専用グッズがなくても簡単に香りを楽しめるとびっきり簡単な「芳香浴」をご紹介しましょう!

ティッシュを1枚用意して、精油を一垂らし。はい、以上!
名づけて「ティッシュ de 芳香浴」♪

ご自分の近くに置くだけで、精油の香りを十分に楽しむことが出来ますよ。
この方法ならアロマキャンドルやアロマライトを用意しなくてもすむので、オフィスでも活用できますね。
私は風邪の季節に、レモンやユーカリ、ティートリーなどの風邪予防に役立つ精油で、風邪菌をシャットアウトしてました!

また、今の時期、靴箱やクローゼットが湿気くさい!なんてことありませんか?
そんなときにもティッシュに好きな精油を一垂らしして、入れてみてください。
ちなみに、ラベンダーは防虫作用も期待できますから、衣替えの時にいれておくのもオススメです。

「ティッシュ de 芳香浴」は、眠るときにも使えます。
アロマポットやディフューザーもいい方法ですが、いろいろ準備が面倒なときもありますよね。
そんな時にもティッシュに精油を一垂らし、それを枕カバーにしのばせればOK!
顔にとっても近いので、1滴で十分ですよ。あまり強い香りだと眠れなくなってしまうので注意して。
この時、枕カバーにシミをつくらないように、精油がついた部分をティッシュの内側に折りたたんだ方がいいかも。

では、今日はここまで。
次回は、「芳香浴編 その2」です。お楽しみに!

 
今日の補足

最近アロマキャンドルの火が原因とみられるボヤが増えているそうです。夜のリラックスにはオススメですが、キャンドルをつけたまま眠ってしまうことのないように注意しましょう!また、キャンドルの周囲に燃えやすいものを置いたり、風の通り道や高い場所には置かないようにしましょう。空焚きにもご注意を!

講師紹介
武藤英恵(むとうはなえ)

日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター。
現在、パスカル スクールオブウィミンズコンプリートウェルネス講師として
『アロマテラピー基礎講座』を担当。
バックナンバー
エルボリストリ
ページトップへ